介護タクシーとは

タクシーと介護タクシーの違いとは

介護を必要とする高齢者の外出は公共交通機関が整備されていない現在の日本では困難な場合がほとんどです。

料金さえ支払えばどこへでも移動できるタクシーは誰でも知っているサービスですが
乗車の際や目的地に到着後は自身の足で移動しなければなりません。

要介護者にとって、それは単純に
・車で移動するか
・電車などの公共交通機関で移動するか
の違いでしかありません。

一方介護タクシーは
ケアマネージャーが同席するタクシーです。

乗車の際の手助けや到着後の同行など、要介護者の移動をサポートすることがサービスに含まれます。

また、介護タクシーは国の認可を受けて
介護保険指定業者番号を取得しています。

「介護を必要とするご利用者様の安心と安全をサポートするタクシー」
それが
介護タクシーになります。

介護タクシーのサポート範囲

介護タクシーは資格を持った運転手が同行し、自宅から目的地までの移動をサポートします。
移動のサポートといっても、車に乗る前や降りた後のサポートも行います。

ご自身での歩行が困難な場合は、ご自宅などから車まで同行し、必要に応じてオムツ交換なども承ります。

また、車椅子の場合はそのまま乗車することが可能です。
ご要望があればそういった福祉用具のレンタルも行っております。

介護タクシーの費用について

費用については国で定められた法的な届け出を行って取り決めが行われています。
基本は

運賃+介助料=料金

になります。
ワンダフルライフの介護タクシー料金は下記ページをご覧下さい。

 

関連記事