車椅子の種類と正しい使い方

自走式と介助式

車椅子は大きく2つの種類に分類されます。

自走式
ご利用者様が手で漕ぐタイプのものです。

介助式
介助者に後ろから押してもらうタイプのものです。

通常良くあるタイプは自走もでき、介助もできるものがほとんどです。
他にも、リクライニングするものや電動車椅子などもあります。

また、車椅子はご購入のイメージが強いかもしれませんが、ワンダフルライフではご購入以外にレンタルも承ります。
様々な種類のある車椅子の用途や特徴をご説明いたします。

自走式車椅子の用途

自走式の場合、車輪の外側に手で漕ぐための枠が付いています。
最もスタンダードな車椅子で、病院や商業施設など様々な場所でレンタルすることができます。

また、自走式といっても、介助者が後ろから押すこともできます。
日常から自走で使用できる方向けの車椅子になります。

介助式車椅子の用途

介助式は自走式と比べ車輪が小さく、車輪の外側に枠もないため自力で移動することができないものになります。

そのかわり介助者にとっては小回りが利き扱いやすい点や、収納の際にコンパクトに折りたためるといったメリットがあります。
介助者が付き添いで外出する際や、自走が困難で介助者が常にそばにいる場合は介助式がオススメです。

その他車椅子の種類と用途

介助式小型車椅子

長時間の使用には不向きですが、ちょっとした外出や通院に便利です。
このタイプは折りたたむと小さくなりますので、家や車に備え付けておくのに便利です。

軽量型車椅子

軽量に設計されているので、介助者に負担がかからない車椅子です。
スタンダードな車椅子と比べて約5kgほど軽いので、女性でも車への乗せ降ろしを楽に行えます。

リクライニング式車椅子

背もたれや座面の角度を変えることのできる車椅子です。
ご自身で姿勢を変えることが困難な方や足に負担をかけられない方向けになります。

簡易電動車いす

電動で走行をサポートするだけでなく、介助者の負担も軽減できます。
前進後退だけでなく、ターンして方向転換まで行うことができます。

電動車椅子

野外での使用などで安定した走行を可能にする電動カートです。
腕力が弱い方や長距離移動にも使用できますが、操作に慣れるまで注意が必要です。

ご利用者様と介助者で最適なものを選ぼう

車椅子といっても様々な用途や種類があります。
ご利用者様や介助者の生活スタイルに合わせて、適切な車椅子を選びましょう。

ワンダフルライフでは、車椅子の選び方やレンタル、ご購入のご相談も承っております。
その他福祉用具でお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

関連記事